英語が出来なくても仕方ない

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

日本人は英語が下手

日本人は英語ができない、とよく言われますがそれはしょうがないと思います。
なぜなら日本語しかできなくても何とか生きていけるからです。

必要のない言語をマスターしなくてはいけない理由が無いからです。
もちろん英語ができた方が仕事の面収入の面でも有利なのは間違いないですが、
かといって必須科目では無いはずです。

英語ができなくても十分に生きて生きる術は今まではありました。

外国では

例えば他の国で英語が公用語のインドやシンガポールなどは、英語ができなくてはお話になりません。
母国語のほかに英語が出来るようにならなければまともな仕事にも就けないし収入も得られないからです。

そんな地域と日本を比べるのは間違っていると思います。
英語が出来なければ生きていけないという国であれば、みんな必ず英語を話せるようになるはずです。

日本は英語が出来なくても生きていけるから、今まで英語が出来る人たちが少なかったし、
英語を学ぶモチベーションも得られなかったのです。

英語が本当に必要ですか?

なぜ私がこんなことを思うかと言うと、外資系企業に勤務していた時の経験からです。

私が勤めていた外資系化学メーカーの人達はみんな英語が出来ました。
一般的に英語が苦手と言われる理系大学卒の人でさえも抜群に英語ができました。

なぜなら英語がその会社の公用語だったからです。
会議も英語、メールも英語、ニュースレターも英語と言う世界でした。

全員が新入社員時代から英語がペラペラだったわけではありません。
新入社員時代にみんなある程度の英語の素養はありましたが(TOEIC 600点700点程度)、全員が英語ペラペラでのスタートではありませんでした。

会社に入ってから英語の洗礼を受け、
海外出張なども経験してもまれながら英語ができるようになって行ったのです。
もちろん帰国子女の人もいましたが割合からすると少数でした。

必要性さえあれば

私はこの状況を見て、
「日本人だってこの会社の人たちのように、英語ができなければ生き残れないと言う状況になれば英語ができるようになるんだ。」
とつくづく思いました。

逆に言うと日本人の英語ができないのは切羽詰まっていないからなんです。
英語ができなくても十分生きていけるのに、なぜわざわざ英語を勉強しなければいけないのでしょうか?

普通に考えれば英語の勉強なんてしたくありません。
それは当たり前の感情です。

 

生きていくのに必要か?

ですからもしあなたが今英語できなくてもそれは当たり前です。
必要性がないからできないんです。
必要性があればできるようになっていたはずです。

例えば日本で生きていくためには当然日本語が分からなければなりません。
あいうえおが分からない人なんてほぼいないと思います。

シンプルな結論

自分は英語ができない、と悩むのはやめましょう。
悲観するのもやめましょう。
あなたが英語ができないのも当然のことなのです。

ただし最近は英語ができないと会社で生き残っていけないと言う状況も出てきました。
またTOEICで何点以上取らないと昇進できないと言う事例もたくさん見かけます。

あなたがそれに巻き込まれてしまった場合、腹をくくらなければなりません。
なんとしてでも英語ができるように、またはTOEICで〇〇点以上取れるように努力しなければなりません。

英語が必要ならば勉強する、必要ないなら勉強しない。
その2択しかないのです。
シンプルなんです。

 

1ヶ月半で日常英会話力を習得する「ネイティブトーク」

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail