TOEIC直前の裏技

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

TOEIC直前の裏技について書きたいと思います。

この裏技を使ったからといって、点数が大幅にアップするわけでは無いですが、
自分が勉強した上でなおかつ裏技を利用すれば多少の点数アップが見込めると思います。

 

・前日にTOEICのPart3とPart4を20問以上解いておく。

Part3とPart4はリスニングの長文問題です。
長い文章を聞いてその設問に答えます。

このパートは解き方を体に叩き込んでおく必要があるので、私は必ず前日に問題を解いて慣らしておきました。

私の場合は100問解きましたが、そこまでしなくても20問以上解いておけばいいと思います。
(たくさん解いた方が効果はありますが)。

これをすると本番でも調子良く解いていく事ができます。

するとしないでは大違いです。

 

・前日は早めに寝る

十分な睡眠をとらないと翌日頭の回転が良くなりません。
私は前日は無理して勉強したりせず、夜更かししたりせずに早めに寝ていました。

結構夜遅くまで勉強していた事もありましたが、翌朝寝坊したりして失敗でした。

深酒などもせず体調を整えることを第一に考えた方が良いでしょう。

 

・当日の朝は少し早めにでかけて勉強する。

私はいつも当日の朝9時ぐらいから勉強するようにしています。

Part3と4、Part7の問題などを全部で20問から30問は解くようにしています。
そのほうが体がTOEICの問題に慣れるからです。

ただあまりにもたくさん解きすぎて本番前に疲れないように注意しています。

 

・鉛筆の先をとがらせない。

TOEICではマークシートを200問塗り潰しますから、塗ることに時間を使っていてはもったいないです。

ですから私は尖った鉛筆は持っていきません。
程よく平らにした尖っていない鉛筆を持っていきます。

その方がマークシートの丸を塗りつぶす時間が大幅に減るからです。

私は何も考えずに尖った鉛筆を持っていってしまい、塗るのに時間がかかってしまった事があり、激しく後悔しました。

 

・消しゴムは二個持っていく

TOEIC中に消しゴムが机の上から落ちてしまいどこかに転がったとします。
そうするとかなり精神的に焦ります。

隣の隣の席の人の足元に転がっていって、取りに行くのに冷や汗をかきながら
「すみません」などと言いつつ周りの冷たい視線に耐えなければなりません。

それがリスニングセクション中だったりしたら最悪です。

消しゴムが2つあればそんな思いはしなくて済むので私は必ず二個持っていっています。

小さなことかもしれませんが何十回もTOEICを受けているとこういう事も大切だと分かってきます。

 

・TOEICが終了した15時以降にご褒美を用意しておく。

これが一番大切だと思うのですが、TOEICが終了した後に何か自分の楽しみを用意しておくといいと思います。

私の場合はおいしいスイーツを食べに行く、ラーメンを食べに行く、お肉を食べに行くなどしていました。

また友達と一緒にお茶をするなどしてもいいと思います。

TOEICは2時間の孤独な戦いです。
人によっては拷問に感じることもあると思います。

ですから「この後には楽しいことが待っているから頑張ろう。」と思えるようにしておくと励みになります。

そして2時間最後まで悔いのないようあきらめないで問題を解き続ければスコアに反映されると思います。

 

最強新TOEIC裏技&攻略法~これであなたもラクラク200点アップ~

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail