単語は命

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

範囲はそんなに広くない

 

TOEICに出てくる単語はある程度決まっています。

出てくる範囲が膨大に広いわけではありません。
ビジネスや生活にある程度関わるような単語しか出てきませんので、それらの単語を暗記してしまうのがスコアアップの近道です。

 

私はTOEICの公式問題集に載っている単語は全て頭の中に入れました。

リスニングでもリーディングでも単語の意味がわからなければ問題を解くことができません。
逆に単語の意味が分かっていれば内容が推測できます。

ですから単語覚えると言うのははじめの第一歩です。

特にリーディングのPart7の長文問題では「この一語がわからないだけで問題が解けない」と言うことがたまにあります。
「この単語の意味さえ分かれば答えが導き出せるのに」と言う状況です。

ですから単語を覚えるというのはとても重要です。

 

英検1級と比べると

 

私は以前TOEICの勉強に行き詰まった時に英検1級の問題集を買ってみました。
そして驚きました。

まるで出てくる単語が違うんです。

 

正直言って英検1級に出てくる単語を全て暗記する位ならTOEICの単語を暗記したほうが楽です。

英検準1級はいろいろな範囲から問題が出題されます。
政治やら経済やら(受験したことがないのではっきりわかりませんが)。

私は英検1級の問題集を見て頭が痛くなって30分もせずに閉じてしまいました。

 

効果的な暗記の仕方

 

単語の覚え方としては、私は「ノートに書く、それも何回も書く」「音読をする」と言う昔ながらの方法をしています。

問題集を何回も解いていれば同じ単語に出会うことが多くなってきます。
何回もその単語に出会っていればそれだけ頭の中に定着します。

一度で覚えよう、と言う気持ちは捨てて何回も何回も繰り返しました。
一度で暗記するなんて無理ですし。

 

その際には自分の好きなデザインのノートを買ってそのノートに何回も書きました。
それだけで気持ちが上がります。

お気に入りの文房具を使うというのは大切な事かもしれません。

 

まとめると、同じ単語に何回も出会えばそれだけ暗記できるということです。
繰り返しが大切です。
 
楽しみながら単語を暗記

 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail