英語が出来ると得するのは何故か?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

尊敬の眼差し

 

英語が出来るとお得がいっぱいあります。

就職や転職に有利なのは当たり前なので、
今日はそれ以外の点について書いてみますね。

・周りから何となく尊敬の眼差しで見られる

 

日本人は白人を無意識に恐れています。
白人をすごい、と思ってます。

「白人はかっこいい。ハリウッド映画に出てくる俳優のように素敵。」
という先入観を持っています。

白人でもかっこ悪い人は居るのは当たり前なのに
日本人のほとんどは洗脳されているので
白人=かっこいい、美人、イケメンと思っている人が多いんです。

 

だから白人にヘーコラしてしまう人が後を立たないんですね。
ヘーコラとは、こびへつらうことを意味します。

 

それもある程度は仕方がないことかもしれません。
第二次世界大戦で日本がアメリカに負けてから
そういう意識を植え付けられてますから。

 

白人=英語という意識が日本人の中にあり、
英語が出来る人は白人のようにかっこいい、素敵と無条件に思っている人が多いのが現実です。

白人だって英語圏の人ばかりではなく、ドイツ語圏、ロシア語圏などいろいろあるんですけどね。

 

だから今の日本で英語が出来ると「白人様並みにかっこいい」というアドバンテージ(有利な点)が付いてきます。

これを読んで不快な気持ちになった人も居るでしょうが
本当のことなので書いてます。すみません。

 

英語が出来ると、日本人の持っている「白人崇拝思考」の恩恵を受けて尊敬される事が多いんです。

もし英語ではなくて中国語や韓国語やスペイン語だったらどうでしょう?

もちろん「すごい!」とは思われるでしょうが
白人崇拝思考には繋がらないので、英語ほどのインパクトは無いかもしれません。

 

私は英語関係の仕事を10年くらいしていますがその中で
白人にはヘーコラするのに、
同じ日本人をバカにしたり軽蔑する日本人を何人も見てきました。

とてもみっともないですね。

洗脳され過ぎです。

 

たまにアメリカ生活が長い人でそういうケースがありますね。
ご自分が人種差別で嫌な目にあっているから仕方がないのかもしれませんが、
白人にこびへつらって同族の日本人を馬鹿にしている人たち。

あなたも日本人なんですよ~、分かってますかぁ?
と言いたいです。

 

コンプレックスあり過ぎ

 

英語ができるのはいいことですが、白人崇拝が過ぎる人は素敵に見えません。
コンプレックスがありすぎでーす。

 

でも実際そういう人は多いので、あなたが英語が出来ると
「白人みたい!すごい!」と思われるのは事実です。

 

そんな現実はすぐには変わらないので、
それを逆手にとって利用しましょう。

 

ただし、まともな外資系企業ではいろんな人種が働いているのが当たり前で
人種差別をしないという文化が根付いているので、白人崇拝主義はあまりありません。

 

でも普通の日本の会社で、特にイナカだといまだに
白人様はすごい、アメリカ様はすごいと無意識に思っている人は多いです。

 

その人たちは性格が悪いわけではなくて
生まれたときからマスコミに洗脳されているから仕方がないんです。

 

英語が出来ると必要以上に「すごーい」と思われるのはこんな背景があると思います。

もしかしたらあと15年くらい後には英語が出来るのはそこまでスゴイことではなくなっているかもしれないですね。

今だって昔に比べれば英語が出来る人は確実に増えているし。

 

逆に考えれば英語が出来て当たり前の社会になるなら、
今から勉強しておかないと時代に取り残される、ということです。

英語の勉強、頑張りたいですね。

 

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail