本屋に行くと

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

つい立ち寄ってしまう

 

私は本屋に行くとついTOEICのコーナーに立ち寄ってしまいます。
これはもうクセというか習慣です。

そして「何か面白そうな本ないかなぁ。新刊出てないかなぁ。」とチェックしてしまいます。

もし出ていれば、中身をじっくり見ます。

何冊も見てみます。

そして「何となく良さそう。」と思うと買ってしまいます。

TOEICマニアの間で出版前から話題になっている本は必ずチェックします。
そしてつい2冊、3冊と買ってしまいます

 

こんな感じで気軽にTOEICの問題集や参考書を買うので
家にはTOEIC関連本があふれています。

全部の本を隅から隅まで解いたのかと聞かれると・・・

解いてません。

途中まで解いて終わり、というのが何十冊もあります。
最後まで解いた本もありますが少ないですね。

 

なぜ本をすぐに買ってしまうのかというと
買った事で満足したい」からだと思います。

「TOEIC関連の本を買った事で勉強した気になっている」面もあると思います。

「こんなに本を買っているなんて、やる気あるなぁ、私。」
という感じで自己満足に浸ってますね。

 

買い物依存症の人が洋服をいっぱい買ったはいいけれども
結局は着ないでタンスの肥やしになっている、というパターンと似てますね。

洋服を買う時の高揚感が欲しくて買っているだけで
本当に洋服が欲しいわけではないという・・・。

 

そこまでの依存症ではないでしょうが、
一時は「TOEIC問題集依存症」ぽかったかもしれません。

実はTOEIC関連の本だけじゃなくて
英会話とか英語関連の本も相当買ってます。

かなりお金をかけました。

英語関連の本を買うのが趣味でした。

 

なぜかやる気が出る

 

本を買った当日と翌日と1週間くらいはやる気が出るんですよね。

 

真新しい本を小脇に抱えてカフェに行くと更にやる気がUPするんです。
勉強するのが楽しくなるんです。

「今日もやるぞー!」と気合が入ります。

 

だから本を買うことで勉強するやる気も買っている感じなのかな。

 

しかし大掃除の時などフト自分の本棚を片づけていると
「なんで私はこんなにTOEICの本ばかり買ったんだろう。」

「大して読んでいないのもいっぱいあるんですけど。」

「いい加減に買うのやめた方がいいんじゃないか。」

と我に返るんですよね。

 

でも本屋さんに行くとその気持ちは忘れてしまうんです。

こんなにいっぱい本があっても仕方がないので、
TOEICの勉強を一緒に勉強している友達や
TOEICを教えていた時の生徒さんに無料で差し上げました。

半分くらいは差し上げたと思います。

その方が有効に使ってもらえて本たちも幸せだと思ったので。

 

私は本を買い過ぎだとは思いますが、
本を買うとやる気が出て学習へのモチベーションが上がるのは事実なので
たまには本屋に行くのもいいですよね。
英語ビギナーでもラクラク外国人の友達をつくる方法 ●バインダーファイル付き
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail