外資系企業と日本企業

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

企業によるTOEICのとらえかた

 

私は今までに外資系企業日本企業を何社かで働きました。

その経験から企業によってTOEICの点数の捉え方の違いがあることがわかりました。

それを書いてみたいと思います。

 

外資系企業では

 

まず基本的に外資系企業ではTOEICの点数は重要視されません。

TOEICの点数よりも実務で英語ができるかどうかが全てです。

特に外国人上司はTOEICの存在を知りません。

私は「TOEICって何?」とアメリカ人の上司から聞かれたことが何回かありました。

いくらTOEICの点数が高くても会話ができなければおしまいなのです。

 

しかし外資系でも入社試験の段階ではTOEICの点数でふるいにかけられます。

書類前項の場合にはTOEICの点数がある程度まで達していないと一次試験を通過することができません。
二次試験三次試験などは直接外国人の上司との面接が英語で行われたりします。

 

外資系企業にもよりますが日本人上司はTOEICの点数はある程は気にしています。
社内で定期的にTOEICの試験が行われていたりもします。

 

ですから外資系企業とは言えTOEICの点数が良いに越したことはないでしょう。

そしてさらに英語の会話、実践の英語が上手であると言うことが不可欠です。

ちなみに外資系企業にはTOEICを受験したことはないけれども
英語ペラペラの敏腕社員が居たりします。

逆にTOEICの点数も良くて英会話もできる社員もいます。

基本的にみんな英語が出来ます。

 

英語が公用語だからですね。
「ここでは英語が出来ないと人間扱いされない。」なんて言ってた人もいたなぁ。

確かに、外資系企業では英語ができない人はかなり肩身が狭いです。

 

日本企業では

 

逆に日本企業ではTOEICの点数は重要視されます。

なぜならTOEICが唯一の英語の能力を測る物差しだからです。

TOEICは点数を見れば一発でその人の英語力が分かるし、
英語が出来ない日本人上司でも判断することが出来るからです。

会社にもよりますが、私が感じた日本企業でのTOEICのレベルを下記に記します。

「この点数を持っていると周りからこう思われる。」という例です。

かなり大雑把ですけどね。

でも信ぴょう性は結構あると思うなぁ。

 

500点 まあまあ英語ができる

600点 結構英語ができる

700点 すごい

800点 尊敬

900点 神

 

ちょっとふざけてますけどこんな感じです。

注:私の個人的意見ですので、全ての企業に当てはまるわけではありません。

 

何歳だろうが関係なくバイリンガルを目指せる効果的英語(語学)習得法

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail