TOEICは無意味?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

TOEIC不要論

 

「TOEICなんて高得点を取っても意味がない。」
と言う人がいます。

またネットでも「TOEICは無意味なテスト」だとか
「TOEICは英語力を測るのには適していない」

とかいろんな意見が飛び交っています。

 

確かにTOEICはリスニングとリーディングだけのテストですので
書く力と話す力は測れません。

そのためにTOEICSWテストがあります。

 

確かにある場面ではTOEICの高得点を取っていてもあまり意味はありません。

例えば私は企業で通訳の仕事をしていますが
TOEICの点数の高い低いはあまり関係ありません。

 

もちろん入社する際にはTOEICの点数は重要な要素の1つになりますが
一度入社してしまえば通訳のスキルがあるかどうかということが1番大切ですので
TOEICの点数は関係ありません。

 

また外資系企業でも入社試験の際にはTOEICの点数は見られていますが、
実際の業務に入ってからは、

英語で仕事がきちんと遂行できるか、

テレビ会議や海外出張などがきちんとできるか

ということの方が重要です。

 

上記のような場合は、もはやTOEICの点数は関係ありません。

英語を使ってきちんと業務ができるということが求められます。

 

ですからこのようなステージにいる人はTOEIC不要論を語ると思います。

その人たちの意見は、そのステージにおいては正しいと思います。

 

ただしそのステージから一歩外に出て転職・就職市場に出てみると
TOEICの点数が重要視されるという点は間違いのない事実です。

 

これは実際に就職活動や転職活動した人でなければわかりません。

その業界に携わっている人ならはっきり分かるはずです。

 

私は実際に何度か就職・転職活動をしてTOEICの点数はかなり重要視されると言う事を身をもって実感しました。

二度と転職もしないし就職をしない、

または会社でもTOEICの点数を求められることはない

と言うのであれば、TOEICの点数がどうであろうと、

あなたの人生に関係がないでしょうが、

少しでも関わる可能性があるならば、TOEICの高得点を取っていた方が良いのは間違いない事実です。

 

何をしても反対意見はあるのですから、
反対意見に必要以上に落ち込んだり踊らされることなく
着実に勉強をした方が将来後悔がないと思います。

 

私は自分の過去の経験からTOEICに特化した教材、通信講座での学習をお勧めします。

TOEICの勉強は英会話の勉強とは全く違います。

英会話の能力を上げることとTOEICの点数を上げる事は全然違うのです。

少しは重なる部分もありますが、ほとんど重なっていないので英会話の勉強したとしてもTOEICの点数には直結しません。

 

ですからTOEICの勉強を何から始めていいか分からないと言う方には、TOEICに特化した教材をお勧めします。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail