発音を学ぶことで得られる4つの効果

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

発音を学ぶことの利点

 

このサイトはTOEICで高得点を取るためのサイトなのですが、
予想外に「発音」で検索して来てくれる方も結構多いので
英語の発音についてもたまに書いていきますね。

 

今日は「発音を学ぶことで得られる4つの効果」について書きます。

1) リスニング力が上がる

 

英語には、日本語にない発音がけっこうあります。

そして、その母国語にない発音(=自分ができない発音)は、脳に「雑音」として処理されてしまうので、聞き取れないそうです。

結論としては、自分が発音できる音 = 聞き取れる音ということです。

発音が思いっきり日本語英語でもリスニングが出来る人もいるので、
この意見が100%正しいとは思えませんが、

発音がいい方がリスニングだけでなく英語全体のスキル向上になりますよね。

 

2) 英語を声に出すことが楽しくなる→継続できる

 

自分の発音がネイティブっぽくなってくると、間違いなく英語を口に出すことが楽しくなります

そうなると、音読・シャドウイングなどの声に出す系のトレーニングが楽しくなってきます。

トレーニングが進むので英語がますます出来るようになる、という良い循環に入ることができます。

確かに発音が良い人って楽しそうに英語話す気がするわ~。

 

3) 発音がネイティブっぽくなると自信がつく

 

自分の発音がネイティブっぽくなってくると、妙な自信がついてきます。

なかなか上達を感じられない英語学習において、こういう小さな自信というのは、すごく重要なんです。

その小さな自信の積み重ねが、英語学習の継続につながり、その継続が英語力向上につながるからです。

自信が全くない状態だと英語学習する気が失せるんですよね。
「こんなに頑張っているのに全く目に見える進化がない。」

「このまま学習を続けていていいのだろうか?」
って思ってしまうんですよ。

でも自分の発音が良くなると「英語頑張ってきた甲斐があったぁ!」と思えるんです。
他人から「発音いいね。」なんて褒められるとなおさらです。

 

4) 相手が聞き取りやすくなる

 

丁寧な発音ができると、相手が聞き取りやすくなります。

つまり、丁寧な発音ができることは、相手への思いやりなのです。

そして、相手が聞き取りやすい発音ができるようになる→自分の話を聞いてもらいやすくなる→自分を理解してもらいやすくなる、ということになります。

ですので、丁寧な発音ができるようになるということは、コミュニケーションの円滑化につながるのです。

確実に外国人からは喜ばれるでしょうね。

「この人の話す英語はわかりやすい。」と思われますもんね。

そう思われるレベルを目指したいですね。

 

本場ブロードウェイでしか学べない「ネイティブ英語ボイストレーニング」

 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail