Part1の解き方

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

TOEICが2016年5月から新形式になってPart1が10問から6問に減りました。

これは結構ショックです。

変更点はこちら

Part1は点数が取りやすいパートです。
リスニングセクションと言いつつ、写真を見て回答するので、
純粋なリスニングというより「サービス問題」とも言われています。

Part1が減ってしまうのは得点源が減る事を意味しますが、6問全部正解を目指したいですね。

 

下記にPart1の解き方テクニックを書きます。

 

1.英文が流れる前に必ず写真を見ておく

 

問題が読み上げられる前に写真を見ておきましょう。

写真の中にうつっているものが人なのか、何人いるのか、場所はどこか、乗り物が映っているのかなど把握していた方が回答しやすいですよ。

ただボーッと見ているよりも正解しやすくなります。

 

2. 正解だと思う回答用紙の箇所に指を置いておく(鉛筆を置いておく)

 

Aから順番に選択肢が読み上げられたら、正解だと思う解答用紙の〇印の上で鉛筆を止めておいて下さい。

「あれ、どれが答えだっけ?」という事態を防ぐ事が出来ます。

「こんな簡単なことする必要ない。」と思うかもしれませんが、するとしないでは本番で大きな差が出ます。

 

3. 写真にないものは選ばない

 

「写真にないものは選ばない。」なんて当たり前と思うかもしれませんが、勝手に想像力を働かせて写真に写っていないものを選んでいる人がいます。

例えば本屋の写真で店員が映っていないのに、「この後店員さんが出てくるかも。」と想像して店員と言っている選択肢を選んでしまうなど、です。

私も初心者の頃はそういう誤りをしていました。

 

4. Part1の後半にひっかけ問題が出る

 

Part1はサービス問題と言えども中には難問もあります。

特に後半に難問を混ぜてあります。

正解が全く分からない場合は適当にマークして、次の問題に集中しましょう。

前の問題を引きずって、次の問題を聞き逃さないようにしましょう。

Part1に限らずTOEICではあきらめが必要です。

 

5. 似た音を選択肢に混ぜる

 

選択肢にわざと似てる音を混ぜてくる時があります。

CopyとCoffeeやなど。

初めから「似てる音が来るかも。」と意識していればトリックに気づきやすくなります。

 

上記のような事を意識して解くと、差がつきますよ。

 
最強新TOEIC裏技&攻略法~これであなたもラクラク200点アップ~

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail