英語が出来る or 出来ない

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

英語学習は地道なものです。

勉強は何でもそうでしょうが、英語は特にそう感じます。

英語がペラペラという華やかなイメージがまずあり、
それに対して、学習が地道なので余計にそう感じるのかもしれません。

英語学習にくじけそうな時、やる気が出ない時は
一度「英語が出来るとこんなに良いことがある!」

逆に「英語が出来ないとこんなに悪いことがある!」

という出来事を想像してみると効果的です。

 

私がTOEICと英語を社会人の生徒さんに教えていた時に彼らが言っていた事を下記にまとめました。

*英語が出来るとこんな良い事がある

 

・子供に英語を教える事が出来る

・英語のメールの返信時間の短縮

・海外で買い物に困らない

・自分の気持ちを直接伝えられる

・海外ドラマの最新話をすぐに見る事が出来る

・道案内が出来る

・英語のHPを読む事が出来るーいろいろな情報をつかめる

・英字新聞が読めるーかっこよさげ

・海外で食べるものの幅が増える

・道を聞ける

・洋楽の歌詞が分かる

・外国での安全率が高くなる(英語圏で英語が分かる事は身を守るために必要)

・会社での安全率が高くなる(リストラの可能性が減る)

・空港で搭乗ゲートで間違わない

・外国人に引け目を感じない

・外国人を誘える

・交友関係が広がりやすい

・自分に自信が持てる

・出世や転職のチャンスが広がる

 

今度は逆パターンを書いてみます。

これも社会人の英語クラスの生徒さんが実際に言っていたことです。

 

英語が出来ないとこんな悪いことがある

 

・転職する気も失せる

・外資系の取引先とは付き合いたくない、と思う

・仕事に時間がかかる

・海外駐在させてもらえない

・英語の資料を読むとっかかりが遅くなる

・人生全般の楽しみが減る

・社内での立場が弱くなる

・外国人が同席している会議では発言権が無くなる

・英語が出来ないから周りに対して卑屈になる

・英語が出来るだけの仕事が出来ない同僚にイバッた態度を取られて腹が立つ


英語が出来る事によるメリット、出来ない事によるデメリットは

人それぞれ違うと思います。

皆さんも考えてみて下さいね。

 



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail