英語が出来る集団に入ってしまおう

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

お金持ちになりたければ、お金持ちのコミュニティーや集団の中に入ってしまえばいいそうです。

 

どういう意味かと言うと、お金持ちになりたければ、
お金持ちが住んでいる場所、例えば南青山などに多少借金をしてでも暮らして、
そこの空気を感じながら自分もどんどん成長していきお金持ちになっていく、という方法らしいです。

長倉顕太さんが言ってました。

 

無理してでも金持ちエリアに住めば、自分もそこに見合う人間になるように行動し、
努力するのでしばらくしたら周りの人に追いついているそうです。

 

私はそれを聞いた時、「英語も同じだな。」と思いました。

 

英語ができるようになりたければ、英語ができる人たちの集団に飛び込んでしまうのが一番です。

 

例えば私は以前、英語があまりできない頃に外資系企業で事務をしていたことがありました。

外資系企業なので公用語は英語です。

上司もアメリカ人やドイツ人でしたので、英語を使わなければ仕事ができない状態でした。

 

私はその当時TOEIC700点位でしたので大して英会話ができませんでしたが、
周りの人たちはものすごく英語ができました。

帰国子女がゴロゴロ居て、それ以外の人も英語がペラペラの人ばかりでした。

 

その事務所の中で私が一番英語ができなかったと思います。

 

しかしその中で働いているうちに自分もだんだん英語が上達していきました。

2年間働いていましたが、日に日に英語が上達していきました。

 

もちろん楽をしながら上達したわけではありません。
恥をかきながら汗をかきながら、だんだんに上達して行ったのです。

 

環境が人を育てる、環境が人を作る、というの本当のことだと思います。

ある環境に入ってしまえば、そこにふさわしい人間になるように自分がだんだん変わっていくのです。

今、私は会社で通訳の仕事をしていますので、周りの通訳さんはみんな英語がものすごく出来る人ばかりです。

 

最初はその中で引け目を感じたりしていましたが、今では英語ができるのが当たり前の環境なので、
そのことが特別なことではなくなりました。

当たり前のことになりました。

 

これは4、5年前でしたらあり得なかった状態です。

 

環境に飛び込んでしまえば、そこの環境に合う自分になるように進んでいくのみなのです。

 

その集団に入る前までは、多少の努力やタイミングが必要かもしれませんが、
入ってしまえば後は進んでいくだけです。

 

ですから英語が上達したい方は英語ができる人たちのコミュニティーや集団に入ってしまう
ということを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail