TOEIC600点の頃

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

やっとこの頃になって勉強する習慣が身について来ました。(遅い・・汗)。

 

 

それまでは能率の悪い勉強方法(問題集を解いてただ丸付けをするだけ。なぜ間違えたかを全然追求していない)をしていたので、ただ時間を費やしているだけで身につかない勉強方法でした。

 

 

この頃からやっと本気になって勉強する気になった、とも言えます。それまでは口では「TOEICで高得点を取りたい。まずは700点。」などと言っていたものの、心の底からの本気ではなく「700点取れればいいな~。」程度の軽い気持ちでした。

 

 

しかし「もうそろそろ本気でTOEICに取り組まないといかん!そうでないと私の人生英語が出来ないままで終わってしまう。」と危機感を持ち始めたんですね。それでエンジンがかかりました。

 

 

まず会社で受験するTOEIC IPテストに申し込みました。IPテストというのは日曜日に受験するTOEICではなくて会社やその他の団体が会場を提供して行うテストです。テスト問題は過去問が使用されます。

 

 

IPテストを受験すると、自分が点数を知る前に上司に点数が分かってしまうのです。だから「○○さんはこの課の中で一番点数が高い。」「この人が一番点数が低い。」と一目瞭然なので、私は恥をかきたくないばっかりに本気になりました。

 

もちろん目標点数は700点越えです。

 

 

とりあえず毎日勉強しよう、と決意し朝会社に行く前に1,2時間勉強することにしました。ちょうど1月2月の寒い時期で朝起きるのが辛かったのですが、根性で頑張りました。

 

 

そして勉強方法も根本から変えました。まずは文法を基礎から徹底的に頭にたたきこもう、と決心し、下記の本を買って解きまくりました。もちろん「なぜ間違えたのか?」もきちんと分析して間違えた部分は何回もやり直しました。

 

TOEIC TEST文法急所総攻撃改訂版 [ 長本吉斉 ]

価格:2,484円
(2016/10/10 10:55時点)
感想(2件)

 

この本のお陰でTOEICに必要な文法が全部頭に入りました。そして「私はこんな初歩的な事も分かっていなかったのか!?」という気付きがたくさんありました。

 

 

自分では分かっていたつもりでも、表面上でサラッと分かっているつもりだっただけなのです。だから問題となると解けなかったんです。正解出来なかったんです。

 

 

TOEICの勉強というと、問題集を解いて問題形式に慣れることに重きを置きがちですが、やはり全ての基礎である文法を学ぶことが結局は早道なんだな、と実感しました。問題形式に慣れるのは次の段階でする事です。

 

 

こうやって地道に文法を攻略したお陰でTOEICのスコアは550点からいきなり620点になりました。そしてこれを皮切りにその後も快進撃は続くのでした。

 

 

Road To TOEIC 完全版

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail