英語は武器になるけど使い方を間違うと・・・

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

私は今、企業で英語の通訳・翻訳の仕事をしているのですが、同僚の通訳さんで強烈な性格の人がいます。

 

一緒に働くと、とても疲れます。

 

その人は非常に攻撃的なのです。前に一緒に休憩をした時に「この部署の誰よりも、私が英語がうまい事を証明してやる!」と言っていました。

 

心の中でそう思って、密かに闘志を燃やして仕事を頑張るならば良いでしょうが、その人の場合はそれが仕事への熱意ではなくて、周りへの攻撃性になっているから迷惑なのです。

 

そんな事を言うだけあって、その人はとても英語が堪能です。通訳の経験も数年あるので、通訳も上手な方だと思います。

 

しかし、周りの人に対して常に前のめりで攻撃的なので煙たがられています。自分が一番正しいと信じ込んでいるので手に負えません。

 

私も出来れば一緒に仕事をしたくないですね。その人には助け合いの精神や協力するという姿勢が一切見られず、自分が一番得をしたい、自分だけがすごいと思われたい、という気持ちしか無いようです。

 

 

誰でも自分が一番かわいいのは分かります。それは仕方がないことです。しかし誰かと一緒に働く場合には自分のことだけを優先させずに周りのことも考えないとならないのが大人の態度です。

 

フリーランスの通訳ならいざ知らず、社内の通訳にはある程度の協調性が求められます。社内のある部署の一員として働く会社員なのですから。

 

英語が出来るのは大きな武器になりますが、武器は自分が就職したり転職したりする際に有利になるように使ったり、給料や肩書を上げるのに使った方がいいですよね。

 

私の同僚の通訳さんのように他人を攻撃する武器として使うと周りから人が居なくなるのは間違いありません。

 

 

《YouCanSpeak》「受験英語」「聞き流す」から本格英語スピーキング習得の時代へ。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail