なぜ英語の勉強が続かないのか?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

なぜ英語の勉強が続かないのか?について今日は書いてみます。

 

 

社会人英語学習者の9割が英語の勉強を途中でやめてしまうそうです。最初は一念発起して「英語をマスターするぞ!」と決意してもほとんどの人が挫折するのです。

 

 

誰かが言っていたのですが、100人の人が「英語をマスターするぞ!」と決意したとします。そのうち実際に英語の勉強を始めるのはたった1人だそうです。100分の1の確率ですね。

 

 

そして例え英語の勉強を初めても、続けることが出来るのは更に100人に1人だそうです。これも100分の1の確率です。

 

 

トータルで考えると英語の勉強を初めて、なおかつ継続出来るのは、100万分の1の確率になります。100万人に1人しか続かないんですね。英語に限らず、何事もそうらしいです。

 

 

それ位、継続する、という事は難しいので、もしあなたが「英語の勉強が続かない。」と悩むのは当然なんですね。続かない人の方が大多数なのですから。

 

 

しかし、そこであきらめずに「どうしても英語をマスターしたい。」というのであれば、TOEICを受験するのが一番合理的です。

 

 

TOEICならば「○○点を目指す」と具体的な点数を目標にすることが出来ます。漠然とした「英語をマスターしたい」とは対極で目標をはっきりさせる事により、今自分が何をすればいいかが明確に分かるんです。

 

 

そうすると、やる気が自然と湧いてきます。

 

 

私は以前、社会人に英語を教えていました。2つのクラスを担当していて、一つはTOEICクラス、もう一つは英語力を上げるコースでした。どちらも生徒さんのレベルは初級でTOEIC200-300点でした。

 

 

TOEICコースは400-500点を目指すクラスでした。一方、英語力を上げるコースは漠然と「英語力を上げる」クラスでした。

 

 

半年後、どちらの生徒さんが最終的に英語力を上げたかというと、TOEICクラスの生徒さんでした。やはり、目の前に「TOEICで400点を取る、500点を取る」という明確な目標がある方が勉強に熱が入るんです。宿題もちゃんとやって来るし、自主学習もしてくるんですよ。

 

 

英語力を上げるクラスの生徒さんも、もちろん英語力は上がっていましたが、伸びが緩やかでしたし、TOEICクラスの生徒さんに比べると伸び率は低いのが現実でした。

 

 

現在TOEICの点数を上げることを目標にして勉強している人は、ラッキーだと思います。点数を上げるための勉強が、英語力を上げる勉強につながっていますからね。このまま突き進んで頂きたいと思います。

 

TOEIC完全攻略方程式
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail