単なるラッキー?

投稿日:
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

ある程度英語が出来る人やTOEICの点数が高い人は、今までにこんな言葉を周りの人から言われた事があるのではないでしょうか?

 

 

「○○さんは英語が出来ていいなー。」と。

 

 

羨ましさ全開の表情で言われると、とても複雑な気分になります。

 

 

「○○さんは美人だからいいなー。」とか「外見が可愛いからいいなー。」と同じようなノリで言われている気がするんですよね。

 

 

「あなたは生まれつき恵まれているからいいな。」というニュアンスです。

 

 

私は帰国子女ではないし、親が英語スピーカーでもない純日本人ですから、英語がある程度出来るようになったのは後天的な理由です。

 

 

大人になってから英語の勉強を始めたので、決して早いスタートではなくて、かなり遅いスタートだったと思います。

 

 

私が英語が多少出来るようになったのは「大人になってから英語を勉強したから」であって、先天的に英語が出来る環境があったわけではありません。

 

 

むしろすごい田舎に住んでいて周りに英語が出来る人が居たわけではないし、お手本になるような人が身近に居たわけでもなく、社会人になって外資系企業に勤めたりする中で徐々に英語を学んで行ったと思います。

 

 

その間紆余曲折ありましたし、英語恐怖症になって「もう英語なんてイヤだ!」と思い、しばらく英語から離れていた時期もあります。

 

 

英語の勉強を本気でしたことが無い人って、軽々しく「英語が出来てあなたはいいな。」って言うんですよね。「あなたはラッキーなだけの人だよね。」みたいな口調で。

 

 

そんな時、心の中では「じゃあ、あなたも英語の勉強始めればいいんじゃない、今からでも遅くないよ。」って思ってます。「人のことを羨ましがって、自分で何も行動しなければ一生英語が出来ないままだよ。」って言いたいですね。面倒だから言いませんけど。

 

 

 

私が考えすぎなだけで彼らは深い意味があって言っているわけではないかもしれませんけどね。

 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail